口コミでも人気の「しわ取り化粧品」をご紹介。おすすめシワ対策、アンチエイジングで人気の化粧品通販。

20代のシワ対策

20代、シワ対策に必要な代謝UP

20代にも必要なのが、お肌の代謝を正常にすること

お肌の代謝が正常に保たれればお肌に受けたダメージもきちんと修復されることにつながりますから、お肌の代謝が損なわれないように気をつけることは大切です。

もちろんその前に日頃の乾燥ケア、紫外線ケアは重要でそれらも必ず行うことが大切ですし、シワ予防になりますが、生活習慣をきちんと見直すこともシワ予防のためには必要です。

例えば『睡眠』。

睡眠をきちんと規則正しくとることで脳内の代謝促進作用があるメラトニンの働きを正常にしますから、シワ対策には必要ですし、入浴も実は代謝の正常化を示すことになりますから毎日の入浴は当然必要です。

入浴をすることは血行が促進されることになります。

睡眠のメラトニン作用とは異なり糖質コルチコイドと呼ばれるホルモンが分泌されることになります。

またそれによりお肌の新陳代謝も促進され、尚且つ正常化されることにつながりますから、入浴もシワ対策、予防には重要なことなのです。

皺が出るのに年齢はあまり関係ありません

シワは20代には出ないなんて考えていけはいけません。

実際、20代半ばで既にシワが出てしまっている方は大勢います。

またその理由はどれもスキンケアをしっかりしていない、睡眠をきちんと取っていないなどという生活習慣の乱れや紫外線対策をせずケアもしなかったという方ばかり。

つまりシワは年齢により水分が減る、お肌がたるむということだけでなく20歳でもケアをしていない状態を続けることや紫外線も気にせず浴びていることで、くっきりとシワとしてお肌に出てしまうのです。

そんな恥ずかしいお肌にならないためにも、20代だからこそ新陳代謝が正常に働けるような心がけをすること。

またそれには規則正しい睡眠や入浴で、その働きを助けてあげることが大切なのです。


20代でも襲われる恐怖の紫外線

紫外線はお肌に良くないということは既に20代のみなさんもご存じだと思いますが、紫外線を浴び続けることでゆくゆくはお肌にシワができる原因になります。

更に紫外線の恐怖はそれだけではなく、皮膚がんや代謝低下など健康をも害する場合もありますから紫外線は若い、若くないに限らず対策をすることは基本です。

しかし、若いうちは日に焼けるのが良いイメージがあり、健康的なイメージがあるのであえて紫外線予防をせずに日差しを浴びる方もおりますが、いずれはそれがお肌の様々なトラブルを起こす原因となります。

ですから、20代という若さだからこそ、お肌のために紫外線予防はしっかりと行いましょう。

紫外線がなぜお肌にいけないのか?

お肌の弾力を守る、弾力を作るエラスチンはそもそも素材、性質が弾力繊維。

大まかに説明するとエラスチン自体がゴムのようなものでそのおかげでお肌に弾力が保たれています。

しかしそれに紫外線を浴びることはエラスターゼという酵素がお肌にたくさん発生させることにつながりますが、そのおかげでお肌の弾力のもとであるエラスチンを切ってしまいます。

そうなると当然お肌には弾力がなくなりますから、たるむ

たるむと当然シワが出来てしまいますから、そのシワも徐々に小じわから大じわへと変化するのは時間の問題となってしまうのです。

いったん紫外線によりエラスチンが破壊されるとそれを元に戻すには最高で1年はかかってしまいますから、当然、小じわが大しわ・深い皺になることもうなずけますね。

紫外線を浴びることはこのように20代であろうが、30代であろうがお肌の弾力であるエラスチンの破壊が行われてしまいますから、紫外線対策は若い、若くないに関係なく必要なことなのです。

若いうちからお肌を守るケアは絶対に必要です。

ぜひ、日々のスキンケアからシワ対策を始めてみてください。


20代からはじめるシワ対策

20代からシワ対策、お肌トラブルの対策は必要といっても良いかもしれません。。

ましてやシワは若い、若くないに限らずケアが重要ですから将来シワができないためにも、しっかりとシワ対策を行いましょう。

シワには何よりスキンケアが重要ですが、その中でも『睡眠』はシワ対策には欠かせないポイントです。

睡眠はお肌のトラブルを防止するためにも重要で、規則正しい毎日の眠りはお肌の代謝を促進することにつながり、尚且つお肌のターンオーバーを正常化させることにつながりますから、快適な睡眠を規則正しくとることはシワ予防にも必要です。

この睡眠とシワには実は深い関係があり、睡眠を十分に規則正しくとることが脳内に存在するメラトニンの分泌を正常にさせます。

またこのメラトニンはお肌の新陳代謝を正常にする働きを持ちます。

シワの原因である紫外線を浴びるとお肌は自然に代謝を高めそのダメージを修復しようと働きますが、睡眠が規則正しくない状態の場合や、睡眠をとれていない状態だとメラトニンが正常に働かず代謝も損なわれてしまうことになります。

その結果、紫外線を浴びたお肌が修復されず不完全といわれる細胞がたくさん生まれてしまうことになり、それこそがシワとなりお肌の表面へでてきてしまいます。

要するに、紫外線を浴びたお肌にも睡眠は重要で質の良い睡眠をすることで脳内に存在するメラトニンが働き代謝を正常に働かせ、その紫外線の刺激を解消してくれるが睡眠が規則正しくない場合は刺激を与えられたお肌にシワができるということになるのです。

しっかり睡眠、取れてますか?

そんな脳内のメラトニンがきちんと働くように睡眠の状態もチェック!

睡眠の1時間前から電気は消す(薄暗い場合もOK)
寝る時間はきちんと決める
10時以降2時の間は必ず寝ている状態をつくる

正常にお肌の代謝が促進するように睡眠にも十分気をつけシワの予防を行いましょう。


20代のシワ対策は食事から

シワには『紫外線』対策をはじめ、お肌の『水分保持』は重要です。

更にお肌の新陳代謝を促進する意味を持つ『規則正しい睡眠』『生活習慣』も重要でお肌の代謝には『入浴』も重要です。

お肌のシワの原因は色々なことが考えられますが、お肌の老化を促進しないように心がけることが大切で、顔の表情筋を鍛えることも若いうちから行うとより効果的です。

また日頃の食事も重要で、ビタミンCをはじめたんぱく質を摂り入れることは重要です。

ビタミンCを摂ることが重要

例えば紫外線のダメージによりコラーゲンが減少した場合はコラーゲンの合成に役立つビタミンCを摂ることが肝心です。

またコンドロイチン硫酸と呼ばれる成分はコラーゲンに必要なビタミンC成分とたんぱく質を真皮層へ届けコラーゲンの修復に大いに役立ちます。

コンドロイチン硫酸と呼ぶ成分を食事などで取り入れれば尚更シワ予防、対策へつながることになります。
ただし同時にビタミンC成分&たんぱく質も取り入れコラーゲンの修復に役立つようにバランス良く取り入れることが肝心です。

そもそもコイドロイチン硫酸とは、コラーゲンとエラスチンの繊維の間を満たすように存在しているものです。

役割としてコラーゲン、エラスチンに栄養を届けることになりますから、とても重要で尚且つ真皮層と呼ぶお肌の部分の水分保持の役割も果たしているのでなければお肌の水分が足りない、たるむ、シワができることになります。

ですから、このような成分をバランスよく普段から取り入れることはシワ予防のためにも重要です。

コイドロイチン硫酸はあまり聞きなれない名前ではありますがイカやするめ、タコなどに含まれ、魚介類の中ではイワシ、シシャモなどにも含まれています。

お肌の水分が足りないと感じたら食事として体内へ取り入れてあげることも効果的です。


20代から知っておくべきお肌の乾燥原因

お肌が乾燥する原因を知ることはとても大切です。

お肌の乾燥の原因をはじめとして、「お肌がなぜダメージを受けて色々なトラブルがおきるのか」を知っておけばお肌のダメージを未然に防ぐこともできますし、加齢とともに起こる様々なトラブルを避けることにもつながりますから、20代だからこそお肌のトラブル原因を学んでおきましょう。

そこでお肌に一番起こりうるトラブルである乾燥は、なぜ起きるのか?

乾燥が起きるということは水分が足りない。
水分が足りなければお肌に弾力もなくなる。
更に弾力がなくなると最終的にシワができる。

こんなことにならないためにも肌乾燥がなぜ起きてしまうのかをチェックしましょう。

肌の乾燥が酷くなる時期

乾燥は主に1月~2月ぐらいがひどくなります。

この時期は空気自体が乾燥してしまう傾向にありますから、そのせいで肌の水分量が失われる&ケラチン繊維の弾力がなくなるということにつながります。

また20代の方でも常に会社で空調環境がいる場合、そのおかげでお肌が乾燥することは十分にありますし、お肌の水分は当然空調のおかげで失われていることになります。

本来ならオフィスの湿度は50%前後が理想ですが、これはそのオフィスにより異なると思いますから、帰宅後きちんとお肌のケアをしてあげることが肝心です。

乾燥の原因はやはり季節的な空気乾燥もそうですが、普段生活をおくる環境における湿度的な問題も大きいです。

また若いからといって洗顔後、即スキンケアを行わず放っておけば当然お肌の水分が失われることになります。

この場合、このような状態を毎日繰り返すことで過乾燥という肌状態を引き起こします。

お肌の弾力が徐々に失われていくこともありますから、若いといえども洗顔後&入浴後の跡はしっかりと水分保持を心がけ過乾燥を起こさないように心がけましょう。

乾燥はシワも元ですから、乾燥をしないようなスキンケアは20代から必要です。


20代だからこそ大切なシワ対策

20歳という若さならお肌の手入れなどしなくても、潤いプルプルと思っていませんか?

それが大きな間違い、かもしれません。

20歳でもお肌の弾力は徐々に失われ、いつの間には日々の表情によるシワができてしまいます。

実際、知り合いの女性は若いころケアをしていなかったせいで、いつの間にはおでこにくっきりとしたシワが
小皺の間にしっかりとケアをしておけば良かったんですが、深くなってしまったシワを解消することは難しいです。

紫外線対策をはじめとして仕事の忙しさにかまけ、ケアもしていなかったせいでおでこにはちょっとやそっとじゃ消えないシワができてしまいました。

そんなシワのでき方とは?

まずシワはお肌に弾力が失われつつあることで、シワになります。

笑うことで口元にシワができますが、弾力がないお肌はその表情からシワができることでもとの状態へ戻せなくなってしまいます。

また眉間のしわも同様に悩みがある、難しい問題に直面した際に眉間にシワがでる。

しかし弾力がない肌はその表情を元に戻す力がなく、その表情がやがて徐々にシワになる。

シワができる順番としては最初にやはり目尻

やがて上下の瞼周辺

額や眉間、口元、頬という具合にシワが徐々に顔に現れてきます。

20代でもシワができます

つまり、20歳からしっかりとお肌のケアをしていなければ当然、20歳でも弾力がなくなりシワを作ることになるのです。

中には20代という若さで保育士さんなどは子供と接することが多いため笑顔を絶やしませんから、口元にシワができる方もいるぐらいなので若いからしなくてもよいではなく、若いうちからしっかりとお肌のケアはすべきなのです。

シワをいつまでもお肌に作らないためにも、20代という若いうちからしっかりと弾力を保つケアやシワができないケアは重要です。

なにより、お肌の弾力が20歳から失われてしまうわけですから、10代のように何もしないままでは当然お肌のシワはできてしまいます。

日々のスキンケアから、日常の生活習慣まで気をつけたいところは多々あります。
できるところから始めてみてはいかがでしょうか。


お肌の弾力をチェック!

お肌の曲がり角は2○歳といわれていますが、お肌のケアはまさに20歳から行うべき!

20歳からといわずに若いうちから『紫外線』の対策や水分保持は必要です。

若いからといって若いうちからスキンケアを怠ると、年齢を重ねるたびにひとつ、ふたつとシワが増えてしまうことがありますので、若い皆さんも油断せずスキンケアを行いましょう。

またお肌の弾力が失われていくのはなんと20代!といいます。
ですから、20歳のうちからしっかりとケアしなければいけないのは言うまでもありませんよね。

もちろん、始めようと思ったときがエイジングケアの始めどきです。

若うちのケアが年齢を重ねても美しく潤いに満ちた素肌を作りますから、今のうちからしっかりとスキンケアを行いましょう。

シワのチェック

お肌の弾力が失われるとやはりそのせいでシワができてしまいます。

あなたのお肌の弾力は大丈夫?

簡単な方法で肌の弾力チェックができるので皆さんも一度実践してみましょう。

【弾力チェック『用意するもの』枕&クッション・硬貨】

枕の上に硬貨を置きます。
およそ5分~10分程度その上に頬をのせます。
さて、その跡は何分で消えますか?

・15分以内:10代の弾力年齢
・15分~25分:20代
・25分~35分:30代
・35分~45分:40代

いかがでしたか?

この時間が大体のあなたのお肌の弾力を示します。
20歳なのに35分も跡が取れなかったというあなたのお肌弾力は既に30代です。
もしかすると知らない間に浅いシワができているかも。

お肌の弾力テストは、およその今のあなたのお肌弾力度がわかりますから、ちょっと最近肌に元気がないかもという場合はチェックしてみることも大切です。

お肌のためには若いうちからのスキンケアが何より重要

若い時にしっかりとスキンケアしていないお肌は正直ですから30歳、40歳になるころにはシワがあちこちに出ていたりするかもしれません。

そんなことにならないためにも、20歳の若いうちからお肌ケアはしっかり行いましょう


20歳でもシワはできる?

20代の若さでも油断をするとお肌トラブルは起こります

もちろん油断しているとシワ予備軍もあるかもしれません。
お肌の弾力が減少するには20歳からといわれているように20代だからこそ、徹底的にスキンケアをするべきです。

シワ対策、エイジングケアは毎日の積み重ねです。

その結果は30代、40代になったとき、必ず違いとしてあらわれます

今だからすべきスキンケアとしてまずはシワチェックを行いましょう!

① 角質層に浅いシワが出ている
② 角質層の部分以上、真皮層までシワが到達

こんなシワらしきものがあったら大変ですが、20代だから大丈夫ということはありませんのでシワができないようにしっかりとシワ対策をしてください。
ちなみに25歳で既にくっきりと②のシワがおでこにある方もいるので20代からのスキンケアはかなり重要です。

お肌を硬くしてしまう危険成分って?

ここでお肌内に存在するコラーゲン成分をかたくしてお肌自体をかたくしてしまう危険成分についてのご紹介!

コラーゲンとは、お肌の神秘の7割を占めているお肌自体の柔らかさを保たせている成分ですが、コラーゲンも加齢とともに減少されるといわれますが、その前に危険なものがあります。

それが『糖分』なのです。。

実は糖分とコラーゲンとが化学反応を起こすとコラーゲンというものは固まってしまいます。
つまり硬くなるわけですが、コラーゲンが硬くなるとお肌は当然硬くなる=弾力がなくなることにつながります。

女性は特にあまいものが大好きな傾向にありますが、糖分の取りすぎは実はコラーゲンをかたくしてしまいお肌の柔らかさを奪っていることにつながりますので要注意。

これは年代に関係なくいえることですので、コラーゲンが不足しがちな30代、40代をはじめとして20代の方にも十分気をつけていただきたい点です。

もちろん20代に紫外線を浴びすぎたお肌は老いを早めてしまいますから、紫外線対策も20代、それよりも前に行うほうがよいでしょう。


20歳からはじめる、顔シワ対策のためのストレッチ

シワは20代の方には信じられないことですが、しっかりとお肌のケア、紫外線のケアをしなければ25歳前後でシワとしてくっきりお肌に出現してしまいます。

もちろん若いうちに結婚&出産をしたとすると、尚更女性は出産により赤ちゃんに栄養が取られがち。

お肌の元気もなくなってしまいます。。

若いうちだからこそ、しっかり行うべくお肌ケアとは、もちろんシワのためのストレッチやエクササイズ。

シワがある、ないにかかわらずシワがでないためのシワができるパーツごとのエクササイズは効果的ですから、20代のみなさんもぜひ実践してください。

顔シワ対策には、顔のストレッチ

そこで一番よいのが顔のストレッチですが、若いうちから額、口、目などのパーツごとのエクササイズももちろん効果的ではあるものの、顔のストレッチをすれば顔の表情筋が鍛えられますから、一気に顔のシワ対策をすべく顔を色々動かし、毎日表情筋を鍛えましょう

ただし、この場合シワになりそうな部分をのばすような要領で行う顔のストレッチを心がけましょう。

顔面ストレッチの方法は、自分が思う通りでも何かを参考にしたものでも構いません。
シワができそうな部分をあくまで伸ばすことを意識して行いましょう。

目のシワは目のシワで目元のパックなどが効果的ですが、パックをするにしてもマッサージをするにしてもこすることがないように気をつけましょう。

目元の皮膚はとにかく薄いのでダメージを受けやすい、だからこそシワができやすい場所でもありますからゴシゴシ洗顔したり、クリームをゴシゴシつけることはかえって逆効果ですので注意してください。

シワは何度も言うように20代の方でも実際にシワが出てしまいますから、日頃のケアは十分に行いましょう。

シワ予防のためにもストレッチ&エクササイズは20代の方でも普段からまめに行ってください。


20代から始める、シワ対策

お肌の弾力は20歳から

だからこそ、お肌のためのスキンケアが大切ですが、その前に20歳だからこそ知っておきたいお肌の知識。

お肌の弾力がいつまでも失わないように、お肌のための知識を高めましょう。
エイジングケアは積み重ねが大切

お肌の表面にはそもそも薄い皮的なものがあります。
つまりそれが角質層。
およそその厚さは0.02mm。

更にその薄い皮である角質層の細胞は驚きの14層にもなっています。
その中で弾力の役割を持つのが角質細胞の中のケラチン繊維

更に角質の細胞同士の間には油脂状の注目美容成分でもあるセラミドがあり、角質細胞をうまくつなぎ合わせて水分を保つ役割をしています。

また角質層と呼ばれる表面には水分が上手に保たれるように皮脂によってカバーされているのです。

ケラチン繊維は通常硬いタンパク質なのですが、角質細胞の水分&セラミドの水分のおかげで弾力性が保たれていることになります。

つまり!このセラミドや水分が不足してしまうと当然弾力が失われ、お肌のシワができる可能性があるということ。

年齢とともにこの角質細胞をつなぐ役目であるセラミドも当然減少していきますが、角質細胞自体の水分もなくなっていくと当然弾力が不足するだけでなく乾燥が進み、尚更弾力がなくなる状態になってしまいます。

つまりこのカサカサ、硬くなったお肌のままの状態でいるということは、毎日変わる表情によるシワができることはもちろん、弾力、水分がないお肌のためそれが浅いシワから深いシワとなり、30歳にはもう既にクッキリとした『ほうれい線』『眉間のシワ』ができているということになるのです。

お肌の水分保持、乾燥を防ぐためのケアが何より重要

20歳からのスキンケアにはお肌の水分保持、乾燥を防ぐためのケアが何より重要といえるのです。

20歳からお肌の美を保つ、尚且つシワのできないためのスキンケアはとても重要なのです。

当サイトでもネットで売れている人気のエイジングケア化粧品をピックアップして掲載しています。

シワ対策、エイジングケアに興味のある方はご覧になってみてください。



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0