口コミでも人気の「しわ取り化粧品」をご紹介。おすすめシワ対策、アンチエイジングで人気の化粧品通販。

シワの原因、対策

天候と紫外線

しわ対策として、できるだけ防御をする必要があるものとして、日光に含まれる紫外線があります。

紫外線を浴び続けることで、しわができやすい、肌がもろくなった状態になりやすくなってしまいます。

ところで、紫外線というと、太陽が照りつけている快晴の日には、日焼け止めクリームを塗っておこうと思う人も多いでしょう。

しかし曇っている、ましてや雨の日には、日焼け止めクリームを塗っていかないという人も多いのではないでしょうか?

しかし曇りや雨の日には、全く紫外線が降り注いでいないのでしょうか?

結論から言いますと、晴れの日と比較すれば、曇りや雨の日は、紫外線の量は少ないことは確かです。

曇りの日で50~80%、雨の日では20~30%になっているといわれています。
しかしここで注目なのは、決して0%にはならないということです。

多少たりでも、紫外線は降り注いでいるわけです。
ちなみに曇りの日の紫外線の量は、晴れの日に木陰に入った紫外線の量と、そう変わりはないのです。

ですから、夏場の紫外線の降り注ぐ量が多いときには、曇りの日などでも日焼け止めクリームを軽いものを長時間外出する場合には、つけておいた方がいいでしょう。

このような細かなチェックによって、将来しわができるリスクを少しでも軽減することができるわけです。
また室内にいれば、紫外線を浴びることはないという人もいるかもしれません。

しかし紫外線は、たとえ屋内にいたとしても、窓ガラスを通してはいってきてしまいます。

もし紫外線をシャットアウトしたい場合には、紫外線をカットするフィルムがあります。
こちらを窓ガラスにつけるようにするといいでしょう。

しわ対策には、余念のないように心がけることが重要です。


寝跡としわ

午後のまったりとした時間、ついつい、うたた寝をしてしまうという経験をしたことはないでしょうか?

この時、何か顔の近くにモノがある中でうたた寝をしてしまうと、顔にそのものが当たって、その跡がしっかりとついてしまうことがあります。
このような顔にできる後のことを、寝跡と呼ぶことがあります。

実は寝跡については、うたた寝などで、何か物に当たっている状態で寝てれば、誰にでもついてしまいます。
若い人でも寝跡はできてしまうのです。

しかし寝跡ができると、いずれは消えてなくなるのですが、すぐに消えてしまう人となかなか消えない人とに分けることができます。

もし後者に当てはまるという人は、しわができやすい状態に肌がなっているということを自覚しないといけません。

例えば、横向きになって眠っていると、朝起きたときに、枕の跡がついていることもあるかもしれません。
この寝跡が、どれくらいで消えてなくなっているかをチェックしてみましょう。

もし午前を経過しても、まだ寝跡がうっすらと残っているようであれば、しわ対策を本格的に始めるべきタイミングにきていると思ってください。

寝跡を消す方法としては、まず蒸しタオルを寝跡のできているところにあてます。
そして水分を肌に補給をします。そして、保冷パックなどを使って肌を冷やせば、寝跡を消すことができるでしょう。

寝跡がなかなか消えないというのは、しわができるリスクが高まっていることを自覚しましょう。

しかしあまり深刻に考えるべきでもありません。
実は、この段階でしっかりとスキンケアをしておけば、かなりの確率で、しわ予防をすることができるといわれています。
まだまだしわを作らないようにするチャンスはあるのです。


ホルモンとしわ

女性の方で、40代を境にして、しわが目立つようになってくるという人は多いようです。

その理由として、ホルモンバランスに変化が生じたことが関係をしていることも少なくないといいます。

40代に入ってくると、卵巣の機能が衰えてくるといわれています。
そして更年期と呼ばれるところに突入をすると、ホルモンの分泌量が急激に落ちるといわれています。
女性ホルモンの分泌が鈍くなってしまうと、コラーゲンの生成ペースが鈍ってしまいます。

すると、肌の弾力も失われてしまうことになり、しわができやすくなってしまうのです。
しかし女性ホルモンが、加齢とともに減少をしてくるのは、仕方のないことと思っている人も多いかもしれません。

しかし少し工夫をすることで、肌の弾力を維持し、しわのできにくい状態をキープすることができるかもしれないのです。

その考え方は簡単です。
もし分泌される女性ホルモンの量が少なくなるのであれば、それを外部から補えばいいのです。

外部から補うといっても、具体的に何を活用すれば、と思っている人もいるでしょう。

それは、山芋を積極的に摂取することです。
実はヤマイモには、女性ホルモンの分泌を活発にする作用があることが知られています。

山芋には、DHEAという成分の合成を促す成分が豊富に含まれています。
DHEAには、ホルモンを作る上で、欠かすことができない原料の役割があるのです。

山芋を週に2~3回、150g程度摂取することで、十分に女性ホルモンの回復効果を期待することができるといいます。

また大豆に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンに似た働きがあるといいます。
豆腐や豆乳を積極的に摂取することで、ホルモンバランスを維持し、しわ対策をすることもできるかもしれません。


紫外線としわ

しわの原因として、いろいろなことが考えられます。
その中の一つに、やはり大きなものとして、紫外線が挙げられるでしょう。

紫外線は、しわになる原因の中でも、最も多くのところを占めるのではないかといわれています。

日光に含まれている紫外線は、肌の奥深いところまで浸透することが分かっています。
すると、コラーゲンなどを切断してしまうのです。

コラーゲンは、肌の張りを維持するためには、欠かすことができない成分とされています。
コラーゲンがズタズタになってしまうということは、肌にダメージが残りやすく、しわなどの問題が起きやすくなってしまいます。

またエラスチンという成分は、肌の弾力やはりを与えるために、必要不可欠な成分といわれています。

エラスチンについても紫外線を浴びることによって、変性をしてしまいます。
エラスターゼと呼ばれる酵素が大量に分泌されてしまうのです。
すると、エラスチンも劣化をしてしまって、肌に弾力がなくなり、しわができやすくなってしまいます。

昔は、日焼けをして褐色の肌であることが、健康的であるということで、一種のブームになっていたことがあります。
日焼けサロンに通いづめだったという人も中に入るかもしれません。

しかしこのような人は、必要以上に紫外線を浴び続けていたということになってしまいます。

また、子供の時に、外でずっと遊んでいると、大量の紫外線を浴び続けることになってしまいます。
こちらも年数を経て、大人になって問題として表れるという可能性も、全くないわけではありません。

もし紫外線対策をするのであれば、化粧水を活用しましょう。
しかも大量の化粧水を肌につけ、うるおいを与えることで、しわ予防をすることができるでしょう。


シワの種類って?

「しわ」の種類について見ていきましょう。

シワができたといっても、そのシワには浅くてあまり目立たないものともうすでに触ってもわかるほど溝になっている深いしわがありますが、シワは主にお肌が乾燥して水分が不足することでできやすくなりますので、お肌の保湿は十分に行いましょう。

またシワができる部分には顔といえども色々なパーツ部分のシワがあり、それを改善するにはそのパーツのシワごとの対策を行うことが必要です。

若いから大丈夫と安心しているといつのまにか『おでこに‥』『眉間に』と様々な部分にシワができていることになりますから若いうちからお肌のスキンケアはしっかりと行いましょう。

深いしわとは?

深いしわでいうならやはり代表的なシワが『ほうれい線』です。

口元にできやすいほうれい線の原因は笑顔を絶やさない方もそうですが、やはりお肌のたるみが原因としてでてしまいます。

また紫外線の予防をしっかりと行わなかったためになる場合もありますし、間違ったスキンケアをしていた場合もシワになります。

シワは一度でき、深いしわになるとケアをしても改善することは難しいためシワが浅いうちにしっかりとケアをすることが大切です。

浅いシワ

浅いシワは、主にお肌の乾燥が原因によりできてしまいます。

もちろんこのシワなら早めにケアをきちんとすることで改善することが可能ですから、『シワが‥』と発見したら早急にケアをしてあげましょう。

ケアにはマッサージや保湿をしっかりと行うこと。

表情シワ(じわ)

表情じわは、何かするたびに同じような表情を常に取りがちなことで、いつの間にかクッキリとした『おでこのシワ』『眉間のシワ』『ほうれい線』となりシワができています。

表情に気をつけることはもちろん、保湿を心がけることが大切。

もちろん水分もたっぷりとお肌に与えられるようなスキンケアを行いましょう。


乾燥肌対策にはセラミドが重要

肌の乾燥がシワの大きな原因になる、ということを見てきました。
【しわ対策】乾燥が大きな原因に!

肌の乾燥はシワ以外にも、肌トラブルの原因となりやすいですから、日々のスキンケアをしっかりとしていきたいところです。

乾燥肌をケアするための化粧品やサプリが多く販売されていることからも分かるように、多くの方が悩んでいる部分かと思います。
肌の保湿って、とても重要ですよね。

その中でも肌の保湿成分として重要な成分にセラミドがあります。

セラミドは今、非常に注目されている成分で、角質層にある細胞の間に存在する脂質のことを言います。
水分保持には欠かせない超重要な成分で、このセラミドが不足している場合、いくら化粧水をバシャバシャつけてあげても、どんどん蒸発して行ってしまいます。

肌に蓋をして、水分を閉じ込めるイメージをしてもらえると良いかと思います。

肌に水分を保持したいのであれば、セラミドもしっかりと補給してあげることが必要です。

セラミドは私たちの体内で生成されるものですが、加齢とともにセラミドの量は残念ながら減少してしまいます。

年をとるとともに肌がカサカサしてきた・・・というのはこれが原因かもしれませんね。

実際、セラミドがしっかりある肌は、しっとり潤っているのです。

セラミド配合化粧品をオススメします

ですから、肌が乾燥して肌トラブルの原因となっている方
すぐに肌に潤いが欲しい方、アトピー肌で困っている方の場合には、セラミド配合の化粧品がオススメです。

シワが出来るとどうしても実年齢よりも老けて見られてしまいます。
肌の水分保持にも気を遣ってあげてみてくださいね。

肌の乾燥に悩む方には、セラミド配合化粧品がオススメです。

⇒ セラミド化粧品 比較ランキング

アトピー肌の方にも支持されるほどの保湿力を持つ商品も少なくありません。
ぜひ、こちらもご覧になってみてください。


【しわ対策】乾燥が大きな原因に!

しわ

肌トラブルの中でもシワ対策に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

シワって老けて見える大きな原因です
特に肌のハリが失われ、法令線が深い場合には、実年齢よりも5~10才くらいは老けて見られているかもしれません。。

シワが出来るとどうしても実年齢よりも老けて見られてしまうんですよね。

大きな原因として、乾燥と紫外線が挙げられると思います。

肌のハリを保つには、コラーゲンが重要です。

コラーゲンの生成を助けるには、サプリも有効ですね。
最近人気が高いのは、すっぽん小町というコラーゲンサプリです。

⇒ すっぽん小町の口コミ・体験談

今はちょうど夏ですが、夏といえば紫外線。
ちゃんと紫外線対策をしていますでしょうか?

紫外線の中に、UVAという種類があるのだそうです。
このUVAが皮膚に当たることで、老化が促進されてしまうということですから、紫外線対策はシワの原因を防ぐことになります。

乾燥もしわを促進させる大きな原因

また、乾燥もしわを促進させる大きな原因

肌が乾燥してしまうと、角質層の表面がはがれやすくなり、そのはがれてしまった隙間から肌の水分が蒸発。
水分を失って硬くなってしまった肌はとてもシワが入りやすいのです。

ですから、肌の水分保持はシワ対策には非常に重要です。

肌の保湿に効果を発揮するのは、セラミドという成分です。
これは本当にオススメできます。

肌の乾燥に悩む方には、セラミド配合化粧品がオススメです。

⇒ セラミド化粧品 比較ランキング

アトピー肌の方にも支持されるほどの保湿力を持つ商品も少なくありません。
ぜひ、こちらもご覧になってみてください。


ストレスがシワの原因

女性は様々なお肌のお悩みをお持ちの方がたくさんおられますが、一番多いお悩みとしてシワを改善したいというお悩みが多いです。
そんなシワの中でも一番気になるのが目元のシワで改善したいと一生懸命ケアされている女性もたくさんおられますね。

もちろん目元は顔の中で印象に残りやすい場所でその部分のシワが多ければ老けて見えてしまいます。
更には元気がなさそうという印象にとられがちですから、目元のシワは本当に改善したい部分です。
そんな目元のシワ予防にはいくつかの方法や対策がありますが、実は精神的ストレスもシワを引き起こすことはご存知でしょうか。

シワを引き起こす原因

人間はストレスをためることで疲れが生じますよね。
つまりそれが精神的な疲れだけでなく肌への影響も大きく、肌自体も精神と比例し疲れてしまうわけです。
そうなれば当然お肌も疲れてしまうわけですから、ダメージを受けている状態と同じです。
そしてそのダメージが原因でシワをつくりだしてしまうということも考えられます。

お肌のシワ、目元のシワが気になる方は、もちろん保湿や乾燥させないためのケアも必要ですが、精神的ストレスを溜め込まないように努力することもシワを予防、対策する方法なのです。

また睡眠不足もお肌にはダメージですから、睡眠不足やストレスをためこまいないように努力することでも目元のシワに効果があるといえるのです。

またお肌への水分も必要ですが、体への水分も十分とることが大切で、水分を取ることで血液循環も促進させることができますのでお肌の血行を促進させ、肌の老化を防ぐ効果もあります。

シワを改善させるには、まず生活を改善させてみることも大切でストレスのない生活をおくられるような工夫も重要といえるのです。


顔のシワ・たるみの原因

シワやたるみというのは、肌の乾燥や加齢によるコラーゲンの減少によりハリや弾力が低下したことでできます。

始めのうちは細かいシワだったのが慢性化したり、表情によるシワが深く刻まれたり。

それに追い討ちをかけるのが、紫外線やストレス、生活環境の乱れによるターンオーバーの低下です。

ほうれい線といわれるシワは、弾力が低下した肌が垂れ下がってきたことで目立つようになってきます。

では、どうやってシワやたるみを防げば良いのでしょう。

まず日々の生活で気をつけることは、肌を乾燥させないことです。

季節や自分の肌の状態にあった保湿ケアを心がけ、季節の変わり目など肌荒れをおこしやすい時期には、しっかり休養を取ることが大切です。

生活習慣に気をつけながら、抗酸化作用のあるものを基礎化粧品に取り入れたり、肌の再生を促す化粧品を使ってみるのも良いですね。

また、肌のターンオーバーを促す食材を摂るようにして、ターンオーバーが低下しないように注意しましょう。

いつまでも若々しい肌を保つためには、食生活や睡眠時間など生活習慣を見直し、自分の肌に合ったスキンケアを行うことが大切です。


しわ取りの方法

しわ取りの方法は2つあるといえます。

シワの原因に対して、しっかり予防・対策。薄く目立たなくすることを目指す

病院等で外科的処置をすること。しわ取り治療

前者はスキンケア化粧品を使って、毎日のスキンケアの中でシワが目立たなくなることを目指します。
いうなれば、長期戦です。

目元のシワ、ほうれい線、口元のシワ、おでこしわ、色々ありますが、肌のハリをアップして、シワが薄くなることを期待します。

後者は、外科的治療でシワをなくしてしまいます。
リスクとしては高い費用がかかりますし、必ずしも綺麗にシワが消える保証はないということです。
かえって不自然になることもあるようです。

シワ対策化粧品を使ってシワ取りを目指す場合には、時間はかかるかもしれませんが、自然に若返っていくので、友人やご主人、子供さんから肌について褒められるとすごく嬉しいと思います^^

リスクはなかなかシワ対策の効果が実感できないこともある、ということでしょうか。

ただし、肌に合う、しわ対策化粧品を使うことですぐに効果を実感できることもあるようです。
この辺りは個人差ですね。

色々とトライアルセットなどを試して、ご自身の肌にあうシワ対策化粧品をぜひ探してみてくださいね。
当サイトでも、しわ取りに効果が期待される化粧品を調査してご紹介しています。

アスタリフトなども人気が高いですね。

口コミ・体験談なども参考にしたいですね。



Page: 1 < 2  次の10件>>
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0