口コミでも人気の「しわ取り化粧品」をご紹介。おすすめシワ対策、アンチエイジングで人気の化粧品通販。

2012年5月

日焼け止めクリームの使い方

しわの原因として、いろいろなことが考えられますが、中でも紫外線が関係をしているとされています。

特に夏場になると、紫外線が大量に注ぎ込んできます。
ずっと部屋の中に入れるのであれば、それに越したことはないかもしれませんが、そうもいっていられないでしょう。

そこで、もし外出する場合には、紫外線対策をして、しわ予防をすることが重要になります。

そこでまず簡単に行える紫外線・しわ対策は、日焼け止めクリームを塗るということです。

ところで現在、ドラッグストアに行くと、いろいろな日焼け止めクリームが販売されています。
いろいろとある日焼け止めクリームの中でも、どれを購入すればいいでしょう。

そのためには、2つ覚えておくべきことがあります。
それは「SPF」と「PA」という単位についてです。

SPFというのは、紫外線の中でもB波を防ぐ効果を示しています。
赤く炎症を日焼けすると起こすと思いますが、これはB波を浴びたことが関係をしています。
SPF200というのは、もしも何もつけずに外に出た場合10分で日焼けをする人は、その20倍、つまり200分は耐えることができるという意味になります。

PAというのは、紫外線の中でもA波を防ぐ能力を示しています。
こちらは徐々に肌にダメージを与える紫外線で、しわなどの原因となってしまいます。

PAの後の+がついていると思いますが、この+が多くなればなるほど、防御能力が高くなります。
もし長時間外に出続ける場合には、PAの+の多いものをつけておいた方が、より有効なしわ対策になるわけです。

しかしいつでもPAの高いものを使っていいわけでもありません。
PAの高いものは、肌に対する負担が大きいので、必要に応じて使い分けをすることをお勧めします。


寝跡としわ

午後のまったりとした時間、ついつい、うたた寝をしてしまうという経験をしたことはないでしょうか?

この時、何か顔の近くにモノがある中でうたた寝をしてしまうと、顔にそのものが当たって、その跡がしっかりとついてしまうことがあります。
このような顔にできる後のことを、寝跡と呼ぶことがあります。

実は寝跡については、うたた寝などで、何か物に当たっている状態で寝てれば、誰にでもついてしまいます。
若い人でも寝跡はできてしまうのです。

しかし寝跡ができると、いずれは消えてなくなるのですが、すぐに消えてしまう人となかなか消えない人とに分けることができます。

もし後者に当てはまるという人は、しわができやすい状態に肌がなっているということを自覚しないといけません。

例えば、横向きになって眠っていると、朝起きたときに、枕の跡がついていることもあるかもしれません。
この寝跡が、どれくらいで消えてなくなっているかをチェックしてみましょう。

もし午前を経過しても、まだ寝跡がうっすらと残っているようであれば、しわ対策を本格的に始めるべきタイミングにきていると思ってください。

寝跡を消す方法としては、まず蒸しタオルを寝跡のできているところにあてます。
そして水分を肌に補給をします。そして、保冷パックなどを使って肌を冷やせば、寝跡を消すことができるでしょう。

寝跡がなかなか消えないというのは、しわができるリスクが高まっていることを自覚しましょう。

しかしあまり深刻に考えるべきでもありません。
実は、この段階でしっかりとスキンケアをしておけば、かなりの確率で、しわ予防をすることができるといわれています。
まだまだしわを作らないようにするチャンスはあるのです。


おススメのコットンパック

美顔器などを使って肌を整え、毎日自炊をしてしわ対策をする、ここまで徹底的に行うことができれば、いうことはないでしょう。

しかし特に仕事をもっている、家事で忙しいという女性の場合、そう毎日毎日、スキンケアに多くの時間を割くことはできないという人も多いでしょう。

そこでおススメのしわ対策のスキンケアの方法があります。

それは、コットンパックを使って、しわ対策をするという方法です。

現在では、シートパックなどがいろいろと市販されています。
シートパックがなければ、手持ちのコットンに化粧水を浸します。
これらを顔に乗せるだけでもスキンケア、しわ対策をすることができるのです。

シートパックを顔に乗せているだけでOKです。時間にして5~10分程度でいいでしょう。
この間に、ほかの作業をこなすことができるところが、コットンパックの強みなのです。

OLの方は、朝はドタバタして時間がないというケースもあるかもしれません。

そこでまず起床をして、顔を洗うでしょう。そのあとにコットンパックを顔の上に乗せます。
その間に仕事の準備などをすることができます。ちょっとした食べ物を食べることができるでしょう。

そして5~10分経過をしたらパックを外して化粧をして、仕事に出ればいいわけです。
短時間で、しかも毎日しわ対策をすることができるようになります。

できれば、コットンパックをした後に乳液や美容液を塗るとなおいいでしょう。

そうすることで、パックによって肌にうるおいを与えて、その水分が乳液などが膜を貼ることで、蒸発しないようにすることができます。
長時間肌にうるおいをキープすることができるので、乾燥しづらくすることができます。

コットンパックは簡単なので、ぜひとも実践してみるべきです。


しわ対策とエステ

しわ対策を自分でやるには、どうも自信がないという人もいるかもしれません。

その場合には、プロの人に、しわ対策の施術を行ってもらうということも検討してみるといいでしょう。
その方法の中の一つに、エステサロンに通うという方法があります。

エステサロンは、現在では大小合わせると、日本中にたくさんありますが、しわ対策をはじめとしたフェイシャルコースは、ほとんどのエステサロンで、サービスの提供を行っているということができるでしょう。

一般的に美顔器やパックを使って、しわ対策を行っているエステサロンが多いようです。
美顔器には、超音波が出るようなシステムが搭載されていて、それで肌を刺激することで、しわを薄くしたり、パックをすることで、しわ対策に効果があるとされている成分を肌に塗布するという方法がとられます。

またフェイシャルマッサージといって、手技をつかってしわ対策をするというケースも少なくありません。
しかし定期的にエステサロンに通って、施術を受けることになれば、どうしてもそれなりの出費を覚悟する必要が出てきます。

またエステサロンによって、サービスの質も違いがあるといいます。
中には、かなり悪質なエステサロンもまじっていることは、否めません。
ですから、どこで施術を受けるとということが、重要な問題になってきます。

そこでおススメなのが、お試しコースを活用することです。
お試しコースは、低価格で、実際に施術を体験することができるコースのことを言います。
ここで、納得の施術を受けることができれば、本格的にそのエステサロンで、しわ対策のコースを受けるようにするといいでしょう。

きちんとこちらの希望を相手がきいてくれるかどうか、チェックするといいでしょう。


しわに効くサプリメント

しわというのは、生活習慣の中で起こるとも考えられます。

特に食生活は、しわができるのと密接に関係しているといいます。
ですから、栄養バランスのとれた食事を心がけることが重要になります。

しかし毎日毎日きちんと、栄養バランスのとれた食事をとることは難しいという人もいるかもしれません。
例えば、仕事をもっている人は、自炊ではなく、どうしても外食に頼ってしまうところがあるのではないでしょうか?

もし食生活だけで十分な栄養分を摂取できていないのであれば、サプリメントを活用しましょう。
サプリメントであれば、水があれば、どこでも手軽に栄養分を摂取することができます。

最近では、いろいろなメーカーから、いろいろな種類のサプリメントが販売されています。では具体的に、どのようなサプリメントを摂取するのがいいのでしょうか?

まずおススメなのが、ビタミン群のはいったサプリメントです。

例えば、ビタミンAは皮膚の健康を保つとされていて、しわ対策にはもってこいの成分です。
またビタミンB2には、肌荒れを防ぐ効果があるといわれています。
ビタミンB6は新陳代謝の働きを活発にさせる働きがあるといわれているので、皮膚の再生を促進する効果を期待することができます。

しわというのはそもそも、老化現象の一つということもできるわけです。
では、アンチエイジングの効果のあるサプリメントを摂取すれば、しわ対策をすることができるということにもなります。

そこでおススメなのが、ビタミンEです。
ビタミンEには、強力な抗酸化作用があって、活性酸素の働きを邪魔し、老化現象を進ませないようにする作用があるとされています。

これらの成分の配合されているサプリメントを摂取する習慣をつけるといいでしょう。


化粧水でしわ対策

しわ対策を真剣に考えている人も多いかもしれません。

もししわ対策をするのであれば、水分を補給することが基本であるということを覚えておきましょう。

しわができるのは、肌が乾燥をしてしまうことにあります。
肌が乾燥をしていると、表情を作ることでできる線が消えにくくなって、最終的にはしわという形で残ってしまうわけです。

もし化粧水をつけるときには、ちびちびと使わないことをお勧めします。
どちらかというと、ばしゃばしゃといった感じで、浴びるようにたっぷりと肌につけてあげるようにすることをお勧めします。
肌にうるおいを与えるためには、化粧水はけちけちと使わないほうがいいでしょう。

そこでもう一つポイントが出てきます。

それは、化粧水の価格についてです。
高級な化粧水を使うと、しわ対策により高い効果が出ると思ってしまう人もいるかもしれません。しかし上で紹介をしたように、化粧水は大量に使うことが基本となります。

ということは、どんどん化粧水は早くなくなってしまうことが多いでしょう。

もし高額な化粧水であれば、そんなに何度も購入することが難しくなってしまうかもしれません。
このことが、ちびちびと化粧水を使う原因となっているかもしれません。

もしそうであれば、別に高級な化粧水を使う必要はありません。

現在では、ドラッグストアやスーパーで、かなり安い価格で化粧水が販売されていると思います。
この安い価格の化粧水を使うようにしましょう。
安ければ、化粧水を大量に使ったとしても、さほど気にすることはないでしょう。

化粧水の使う量ですが、手でパッティングをしているときに、手に肌が吸い付くくらいの水分になるまで、与えるのを目安にしましょう。


ホルモンとしわ

女性の方で、40代を境にして、しわが目立つようになってくるという人は多いようです。

その理由として、ホルモンバランスに変化が生じたことが関係をしていることも少なくないといいます。

40代に入ってくると、卵巣の機能が衰えてくるといわれています。
そして更年期と呼ばれるところに突入をすると、ホルモンの分泌量が急激に落ちるといわれています。
女性ホルモンの分泌が鈍くなってしまうと、コラーゲンの生成ペースが鈍ってしまいます。

すると、肌の弾力も失われてしまうことになり、しわができやすくなってしまうのです。
しかし女性ホルモンが、加齢とともに減少をしてくるのは、仕方のないことと思っている人も多いかもしれません。

しかし少し工夫をすることで、肌の弾力を維持し、しわのできにくい状態をキープすることができるかもしれないのです。

その考え方は簡単です。
もし分泌される女性ホルモンの量が少なくなるのであれば、それを外部から補えばいいのです。

外部から補うといっても、具体的に何を活用すれば、と思っている人もいるでしょう。

それは、山芋を積極的に摂取することです。
実はヤマイモには、女性ホルモンの分泌を活発にする作用があることが知られています。

山芋には、DHEAという成分の合成を促す成分が豊富に含まれています。
DHEAには、ホルモンを作る上で、欠かすことができない原料の役割があるのです。

山芋を週に2~3回、150g程度摂取することで、十分に女性ホルモンの回復効果を期待することができるといいます。

また大豆に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンに似た働きがあるといいます。
豆腐や豆乳を積極的に摂取することで、ホルモンバランスを維持し、しわ対策をすることもできるかもしれません。


紫外線としわ

しわの原因として、いろいろなことが考えられます。
その中の一つに、やはり大きなものとして、紫外線が挙げられるでしょう。

紫外線は、しわになる原因の中でも、最も多くのところを占めるのではないかといわれています。

日光に含まれている紫外線は、肌の奥深いところまで浸透することが分かっています。
すると、コラーゲンなどを切断してしまうのです。

コラーゲンは、肌の張りを維持するためには、欠かすことができない成分とされています。
コラーゲンがズタズタになってしまうということは、肌にダメージが残りやすく、しわなどの問題が起きやすくなってしまいます。

またエラスチンという成分は、肌の弾力やはりを与えるために、必要不可欠な成分といわれています。

エラスチンについても紫外線を浴びることによって、変性をしてしまいます。
エラスターゼと呼ばれる酵素が大量に分泌されてしまうのです。
すると、エラスチンも劣化をしてしまって、肌に弾力がなくなり、しわができやすくなってしまいます。

昔は、日焼けをして褐色の肌であることが、健康的であるということで、一種のブームになっていたことがあります。
日焼けサロンに通いづめだったという人も中に入るかもしれません。

しかしこのような人は、必要以上に紫外線を浴び続けていたということになってしまいます。

また、子供の時に、外でずっと遊んでいると、大量の紫外線を浴び続けることになってしまいます。
こちらも年数を経て、大人になって問題として表れるという可能性も、全くないわけではありません。

もし紫外線対策をするのであれば、化粧水を活用しましょう。
しかも大量の化粧水を肌につけ、うるおいを与えることで、しわ予防をすることができるでしょう。


しわとコンタクトレンズ

コンタクトレンズがしわの原因となっているといわれると、ピンとこない人もいるかもしれません。
しかしコンタクトレンズを長年愛用していると、目元のしわができやすくなってしまう可能性があります。

コンタクトレンズを装着する頻度が多くなってしまうと、目につかれが出やすくなってしまうところがあります。

しかしコンタクトレンズを使っている人の中には、別に目に疲れを感じることはないという人もいるかもしれません。
これは、長年コンタクトレンズを装着することで、そのことに慣れているだけだということができます。

しかし実際のところ、目自体には、かなりのストレスをかけていると思ったほうがいいでしょう。

またハードコンタクトを装着している人の場合、装着期間も長くなります。
そうすることで、自分の現時点での度とあっていなくなってしまっている可能性もあります。

ということは、見づらくなっていることで、より集中して、ものを見ようとしてしまいます。
するとさらに目に負担をかけることになってしまって、眼精疲労の原因となってしまうわけです。

よくコンタクトレンズを長期間つかっていると、もともと一重まぶたの人が、二重瞼になったという人もいるでしょう。

二重瞼の方が、目がぱっちりとするので、よかったと思っている人もいるかもしれません。
しかし二重になったということは、それだけしわが増えているということもできるわけです。
まぶたが目への負担が大きかったことから、やせてしまったことが原因となっているわけです。

もしコンタクトレンズをつけなくてもいいのであれば、できる限り外すことをお勧めします。

例えば、眠るときには、つかれていても、必ずコンタクトレンズは外すようにしましょう。


しわとタバコ

タバコに対する圧力が強くなってきています。

最近では、タバコを値上げすることで、喫煙者に、タバコをやめることをプレッシャーをかけてきています。

ただ、タバコは、百害あって一利なしといわれていることも確かです。
タバコを吸うことで、いろいろな健康的なリスクが起こるのですが、しわができやすくなるというデメリットがあることをご存知でしょうか?

タバコの主成分は、言わずと知れたニコチンです。
このニコチンには、血管を収縮させる働きがあるとされています。
血管が収縮するということは、血流が悪くなってしまうことを意味します。

すると、皮膚にもいろいろな影響を生じさせます。

まず、皮膚の温度が低下をはじめます。
皮膚の温度が落ちてしまうと、新陳代謝のペースも鈍くなってしまいます。
すると、皮膚の働きも鈍くなってしまって、しわ以外にもたるみやくすみ、かさつきなどの、ありとあらゆる肌トラブルも元凶になってしまうのです。

またタバコを吸うことで、活性酸素がどんどんできてしまいます。
この活性酸素は、エラスチンやコラーゲンといった、肌の張りを保つために欠かせない成分を破壊してしまうのです。

すると、肌の弾力が失われることになってしまって、しわができやすくなってしまうわけです。
しかも最初のうちは、小じわができる程度かもしれませんが、そのままの状態を放置していると、深いしわができやすくなってしまうのです。

このように、しわにとっても、タバコは天敵であるということがお分かりいただけたでしょうか?

女性の中でも、喫煙する人は多いといわれています。

しかしもし美肌をキープしたいというのであれば、禁煙をすることをお勧めします。
ほかの健康の面でもお勧めします。



Page: 1 < 2  次の10件>>
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0