口コミでも人気の「しわ取り化粧品」をご紹介。おすすめシワ対策、アンチエイジングで人気の化粧品通販。

2011年8月

40歳のシワ対策・枕を改善

女性も40代になると様々な肌トラブルが起き始めます

『しみが増える』『たるみができる』『くすみがち』『ハリがない』。

色々な肌トラブルが起こる中、一番お顔を老けさせるのが『シワ』

シワひとつ眉間にあるだけでも、シワがおでこに1本あるだけでも相当辛いほどに老けて見えがち。

そんな憎いシワを作らないためにもシワ対策は必要です。

そこでみなさんの枕の高さは大丈夫でしょうか?

枕の高さも、シワに関係します

枕の高さは実はシワを作る原因になりますから、枕の高さにも意識することが大切です。
そんなシワを作る枕とは、実は高すぎる枕です。

以前自分も高い枕が好きで愛用していましたが、いつの間にか首に1本、2本とシワが‥。

シワ改善策を色々と検索したところ、実は高い枕がシワを作ることを発見。
納得した経験があるほどですから、高い枕は用心したほうがよさそうです。

やはり年齢が首に出るというだけあり、首にシワができてしまうとなんだかそれだけで老けて見え勝ちですから、首のシワを作らないように枕は程良い高さのものにしたほうがよいでしょう。

ちなみに私自身の場合は低い枕を愛用し首のシワをのばす、筋力を鍛えるストレッチを加えシワを見事撃退することができましたが、シワはあれっと思う時に早めに対処しなければ、くっきりとした深いシワになってしまいます。
ぜひ、気をつけるよさにしてください。

気が付いたら即ケア、がシワの場合は重要です

枕はその方の頭により異なると思いますが低すぎず、高すぎずが一番理想のようです。

高めの枕を愛用している方は首にシワがないかチェックしてみることは肝心ですし、早急に枕選びをしたほうがよさそうですよ。

40代という年になると色々なトラブルがお肌に起きてしまいますから、それらをケアするためにもまずはシワができない対策、知識を持つことは大切ですね。


ストレスがシワの原因に!

女性も40歳となると、家事や子育てによるストレスはたまりがち

もちろん中にはそれ以外にも仕事も加わり、仕事によるストレスもたまりがちではないでしょうか。
そんな40代女性がため込みがちなストレスも実は『シワ』の原因となります。

お肌というものはもちろん紫外線や他外的ダメージで肌トラブルが起き、シワの原因となりますが、精神的なストレスを受けることで以外にもお肌へのストレスとなります。

つまり身体的なものばかりでなく、精神的なものでもお肌はダメージを受けてしまいますから、ストレスをため過ぎてしまうとお肌へのダメージは思うより大きいということがいえるのです。

例えばストレスで精神的にイライラしてしまえば、当然表情にも出てしまいますよね。

眉間のシワ、おでこのシワそうしたストレスによる表情にもシワの原因はかくされています。

眉間のシワ、ありませんか?

表情を険しくしてしまうとシワが発生しますよね。

それが毎日同じ表情になってしまうと、シワとなり残ることになります。
ストレスは、お肌状態だけでなくシワの原因となるのです。

女性も40歳となれば色々な問題が生じストレスがたまるでしょう。

しかしそのストレスを上手に改善しなければ健康にもよくありませんし、お肌にもよくありませんからシワ予防、対策のためにもストレスをため込まない工夫をしていきましょう。

そもそもお肌内の3つの層の中の真皮と呼ばれる層に関係し、この真皮はコラーゲンとエラスチンにより弾力やハリを保たせていますが、ストレスが原因でこの真皮内のコラーゲンやエラスチンへの影響も考えられ、ストレスが度を超えるとやはりお肌のそうした細胞への影響がないとはいえません。

そうなるとやはり知らぬ間にしかめっ面がシワとなる、イラついた顔がシワとなることは当然。

ですから、シワをつくらないためにもストレスはためないように心がけていきましょう。


40歳からでも遅くない!シワ対策は筋肉を鍛える

40歳にもなると、女性のお肌は色々な原因でトラブルが起こります。

若い時の怠慢によるその結果が30代、40代になるたびにお肌に起こるように。
そんな嫌な肌トラブルが起きないように、肌ダメージの代表的な『シワ』改善にお肌の筋肉を鍛えることも肝心です。

そもそも『シワ』の原因は紫外線や乾燥によるものも多く、それらが大きく関係してはいるものの、やはりお肌の老化によるもの、筋肉が衰えることでできる『シワ』もあります。

つまり、シワ対策は紫外線、乾燥対策、老化防止のほかにもお肌の表情筋を鍛えることが必要です。

お肌のたるみを食い止める!

お肌の老化を食い止めるためにも、お肌の表情筋を鍛えればお肌自体が元気に保たれ、たるむことも食い止められます。

お肌はたるみが生じることで、肌自体が下がってくることになり、そうなれば当然『シワ』の原因となりますよね。

そんなたるみ&シワをできさせないためにも、顔の表情筋を鍛えるケアが必要です。

ただし顔の筋肉を鍛えるには顔の各パーツのケアが必要ですから、顔のパーツごとの筋肉トレーニングがおススメ。
筋肉トレーニングは簡単にできるものばかりですから、40歳からのお肌ケアとして取り入れることがおススメです。

シワのための筋肉トレーニングの中で例えば口元のシワを予防するストレッチには口を大きくあけて、「あいうえお」を言いながら顎を上げ停止するというような簡単なものもありますし、頬を膨らませる、口を左右に動かすというような簡単な動きでも普段は動かさない動きだけにシワ予防になります。

40歳からの筋肉トレーニングはご自身でアレンジして行うのもおススメですよ。

シワには、スキンケアばかりに力を入れるのではなく、このような紫外線をはじめとする、お肌にダメージの与えるものを予防していくことが重要です。


20代だからこそ大切なシワ対策

20歳という若さならお肌の手入れなどしなくても、潤いプルプルと思っていませんか?

それが大きな間違い、かもしれません。

20歳でもお肌の弾力は徐々に失われ、いつの間には日々の表情によるシワができてしまいます。

実際、知り合いの女性は若いころケアをしていなかったせいで、いつの間にはおでこにくっきりとしたシワが
小皺の間にしっかりとケアをしておけば良かったんですが、深くなってしまったシワを解消することは難しいです。

紫外線対策をはじめとして仕事の忙しさにかまけ、ケアもしていなかったせいでおでこにはちょっとやそっとじゃ消えないシワができてしまいました。

そんなシワのでき方とは?

まずシワはお肌に弾力が失われつつあることで、シワになります。

笑うことで口元にシワができますが、弾力がないお肌はその表情からシワができることでもとの状態へ戻せなくなってしまいます。

また眉間のしわも同様に悩みがある、難しい問題に直面した際に眉間にシワがでる。

しかし弾力がない肌はその表情を元に戻す力がなく、その表情がやがて徐々にシワになる。

シワができる順番としては最初にやはり目尻

やがて上下の瞼周辺

額や眉間、口元、頬という具合にシワが徐々に顔に現れてきます。

20代でもシワができます

つまり、20歳からしっかりとお肌のケアをしていなければ当然、20歳でも弾力がなくなりシワを作ることになるのです。

中には20代という若さで保育士さんなどは子供と接することが多いため笑顔を絶やしませんから、口元にシワができる方もいるぐらいなので若いからしなくてもよいではなく、若いうちからしっかりとお肌のケアはすべきなのです。

シワをいつまでもお肌に作らないためにも、20代という若いうちからしっかりと弾力を保つケアやシワができないケアは重要です。

なにより、お肌の弾力が20歳から失われてしまうわけですから、10代のように何もしないままでは当然お肌のシワはできてしまいます。

日々のスキンケアから、日常の生活習慣まで気をつけたいところは多々あります。
できるところから始めてみてはいかがでしょうか。


お肌の弾力をチェック!

お肌の曲がり角は2○歳といわれていますが、お肌のケアはまさに20歳から行うべき!

20歳からといわずに若いうちから『紫外線』の対策や水分保持は必要です。

若いからといって若いうちからスキンケアを怠ると、年齢を重ねるたびにひとつ、ふたつとシワが増えてしまうことがありますので、若い皆さんも油断せずスキンケアを行いましょう。

またお肌の弾力が失われていくのはなんと20代!といいます。
ですから、20歳のうちからしっかりとケアしなければいけないのは言うまでもありませんよね。

もちろん、始めようと思ったときがエイジングケアの始めどきです。

若うちのケアが年齢を重ねても美しく潤いに満ちた素肌を作りますから、今のうちからしっかりとスキンケアを行いましょう。

シワのチェック

お肌の弾力が失われるとやはりそのせいでシワができてしまいます。

あなたのお肌の弾力は大丈夫?

簡単な方法で肌の弾力チェックができるので皆さんも一度実践してみましょう。

【弾力チェック『用意するもの』枕&クッション・硬貨】

枕の上に硬貨を置きます。
およそ5分~10分程度その上に頬をのせます。
さて、その跡は何分で消えますか?

・15分以内:10代の弾力年齢
・15分~25分:20代
・25分~35分:30代
・35分~45分:40代

いかがでしたか?

この時間が大体のあなたのお肌の弾力を示します。
20歳なのに35分も跡が取れなかったというあなたのお肌弾力は既に30代です。
もしかすると知らない間に浅いシワができているかも。

お肌の弾力テストは、およその今のあなたのお肌弾力度がわかりますから、ちょっと最近肌に元気がないかもという場合はチェックしてみることも大切です。

お肌のためには若いうちからのスキンケアが何より重要

若い時にしっかりとスキンケアしていないお肌は正直ですから30歳、40歳になるころにはシワがあちこちに出ていたりするかもしれません。

そんなことにならないためにも、20歳の若いうちからお肌ケアはしっかり行いましょう


30歳から重要なアンチエイジング

シワの原因にはやはり、お肌の老化もあげられます。

お肌が年齢を重ねることで細胞が衰える。

細胞が衰えるとお肌に存在するヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチ等という成分自体が減少しお肌の潤い、ハリ、弾力、バリア効果がなくなります

つまり加齢によるお肌の老化がシワの原因になる以上、30歳を迎えたお肌にはそれなりのケアが必要ということになるのです。
年齢に負けないお肌を作るためにも、必要なのがアンチエイジングです。

年齢に合わせてスキンケアを

年齢を重ねるとやはりきちんとケアをしていかなければ、当然、お肌は加齢に伴い肌力が低下してしまいます。

もちろんそこには、お肌に存在する様々なお肌を守るための成分がなくなってしまうことにつながりますから、お肌を『シワ』をはじめとした様々なトラブルから守るためにも、お肌のケアをしっかりしていきたいのが30代ということ。

実際シワ予防やトラブル対策は20代から始めるのが理想ですが、若いころはお肌のダメージにも再生力があり、そのころはお肌が衰えるなどと考えもしませんから無茶をしてしまいます。

その結果がではじめるのが30代からということになりますから、お肌に『シワ』をはじめとするダメージを起こさせないためにも、アンチエイジングは30歳から開始していくことが大切なのです。

もちろん、20代からのスタートなど早ければ早いほど良いでしょう。

一番よくあるのは、若いころには何もケアをしておらず30歳になり、シワがくっきり、たるみが出てきたというケースですから、そのような老け肌にならないためにも30歳から始めたいのがアンチエイジングです。

シワは実年齢よりもシワがあることでかなりの老け顔になってしまうものですから、30歳になったら早めのアンチエイジングを開始しましょう。

私は30歳だけどお肌はつるつる!なんて何もせずにいると、いずれはその怠慢による結果が肌トラブルを招くことになる、かもしれません。


シワのできる原因

シワは、しっかり対策したい
そう思っている女性も多いと思います。

シワ対策は本来なら20代から始めておくのがベストですが、中々若いうちはシワ対策をしないもの。

お肌に焦りを感じてくるのは大体30代に入ってから、というパターンが非常に多いですが、お肌のシワを作らないためにシワの原因をまず知っておくことが肝心です。

シワ改善にはそのシワの原因を知ることで予防したり、対策をしたりもできますから、原因をより知り、シワをできないようにするためにも対策&予防を行いましょう。

シワの原因、紫外線

シワの原因にはまず紫外線があげられます。

紫外線を浴びることでお肌内のお肌の水分保持、弾力を保つ成分が破壊され弾力が失われたお肌は水分不足となり、シワができやすくなります。

また乾燥による水分不足によりお肌にシワができたり、肌細胞が老化により衰えることでもシワはできてしまいます。

更にシワは顔の筋肉が衰えることでもシワとなってしまいますから、様々な理由でシワはできるということをよく理解することが大切です。

つまりシワ対策としてコスメ商品ばかりに頼っていても改善することはできず、そのシワのできる原因にあった対策が必要だということ。
原因に対してケアがずれていてはもったいないですよね。

シワができる理由には、このような理由のほかにも、

・ダイエットによるシワ
・ストレスが原因のシワ

などと様々な原因が考えられます。

シワが気になる、シワの予防がしたいという方は理由にあったケアを実践していきましょう。

シワの原因は視力が悪いことや枕が悪い場合もあります。

すべてを含め色々な要因を考えながらシワを改善させるほうがよいでしょう。

目元のシワには目元専用のシワ対策、おでこや眉間のしわにはおでこや眉間のシワのための対策が必要ですから、シワが出る部分のケアを含めシワの対策をすることがとても重要なのです。


乾燥によるシワを防ぐために

女性も30歳を迎えると、やはりお肌のトラブルが様々起こります。

トラブルには『シワ』をはじめとして、たるみやくすみ、ハリの低下など色々なことがあげられますが、お肌のトラブルに負けないお肌を作るためにも、30歳からのスキンケアはとても重要です

本来なら20代からはじめたい正しいスキンケアですが、正しいスキンケアを行いシワのないお肌を目指しましょう。

シワが出る原因の一番の理由はやはり紫外線ですが、紫外線をはじめとして『乾燥』もシワを作ることにつながります。

紫外線を浴びることでお肌内の真皮細胞が破壊されることは、結果として乾燥を招くことになりますから、紫外線を浴びてしまう場合は、乾燥対策は必須です。

紫外線=シワですが、紫外線=乾燥につながることから、シワを対策するなら乾燥させないことも重要です。
乾燥するということはお肌に本来存在している、ヒアルロン酸成分が減少することにつながります。

またこのヒアルロン酸成分はお肌に潤いを保たせる成分でもあり、潤いが保てるのはこの成分のおかげですから、乾燥しヒアルロン酸を少なくしてしまうことはお肌のハリ、潤いがなくなることへつながり、砂漠のようなお肌はやがて溝をつくりシワとなります。

お肌のバリア機能が失われると・・・

ヒアルロン酸はもともと潤いだけでなくお肌のバリア機能の役目もしていますから、お肌のバリア機能が失われてしまうとお肌はまさにダメージをそのままうけることになってしまいます。

乾燥が始まり、尚且つ水分がない肌に溝ができはじめるということになりますから、『シワ』ができてしまうのです。

お肌は3つの層で成り立ち、それぞれがきちんとお肌の弾力、潤い、バリアという働きをしているのに対し、乾燥というお肌ダメージを加えるとお肌は水分が足りない、お肌のキメが乱れ、隙間が生じるということにつながっていき『シワ』ができることになるわけです。

30歳はお肌が一番変化しやすい時期だからこそ、このようなシワの原因を作らないスキンケアが必要です。

保湿効果の高いスキンケア化粧品が必要かもしれませんね。


シワは女性には大敵

知っておこう!お肌の仕組み。

シワは女性には大敵

30歳を迎えると、どうしてもお肌のあちこちにトラブルが起きてしまいます。
そんなトラブルに負けないように、30歳の大人の女性だからこそきちんとした大人のケアが必要です。

そのためにはまずお肌の仕組みを知っておくことが大切

仕組みを知る&ダメージの原因を知ることでお肌のトラブルを未然に防ぐことができますから、お肌トラブルに負けないようにお肌の基礎知識を学びましょう。

肌の層

お肌はまず3層の層で成り立っています。表皮があり、真皮があり、皮下組織があります。

一つひとつはとても薄くてデリケートなものですから、それぞれをしっかりとケアしてあげることが重要です。

例えば女性にはとても嫌なシワは、この3つの層の中の真皮に関係します。

真皮自体はコラーゲンエラスチンと呼ばれる成分で構成されています。

このお肌内に存在するコラーゲン&エラスチンはお肌の弾力を保たせる成分であり、この成分が減少することで当然、弾力や潤いがなくなることになります。

つまり真皮のコラーゲンやエラスチンはお肌の細胞に必要な成分であり、潤いや弾力を保つために必要不可欠なもの。

これらが不足すると当然乾燥が起き、その乾燥はやがてお肌の溝をつくる結果となりそれがシワとなってお肌表面にでてしまうのです。

コラーゲンは潤いを保たせ、エラスチンは弾力を持たせてくれるものです。

しかし紫外線や乾燥によるお肌のダメージでコラーゲンは減少し、エラスチンは破壊されます。
それらのことが原因により、お肌にシワができてしまいます。

シワを対策するためにはこのエラスチンの存在や、コラーゲンの存在の意味を知ることでシワの対策にもつながりますし、予防へもつなげることができるのです。

もちろんコラーゲンやエラスチンが失われるとシワだけでなく、お肌の色々なトラブルが起こりうるといえるのです。

肌の乾燥はあらゆる肌トラブルの元、と言っても過言ではないですから、しっかりとケアをしたいですね。


30代からはじめる紫外線対策

いつまでも美しいお肌を保つ。
エイジングケアです。

それにはシワは余計なもの
シワのない肌を作るには予防が一番。
そんなシワのための予防とはまずお肌の仕組みを知り、シワのできる原因を知る。

更にシワは顔のあちこちにでてしまうものですから、30歳だからこそ、それぞれの顔のパーツごとのケアに取り組むことも重要です。

30代だからこそ気になるお肌にできる『シワ』、まずは紫外線対策をしっかりとはじめて行きましょう。

なぜ紫外線はお肌にシワを作るのか?
まずここから話を進めていくと、紫外線を浴びることでお肌に活性酸素が発生します。
その活性酸素はお肌の真皮に存在するコラーゲンにダメージを与えます。

尚且つ紫外線はコラーゲンだけでなく、エラスチンと呼ぶコラーゲンとともに真皮に存在し、お肌の弾力に必要な成分までも破壊してしまいます。

お肌の潤い、弾力がなくなってしまい、結果的にお肌の乾燥を招き、お肌内の細胞を破壊することになり『シワ』ができてしまうことになります。

シワのできやすい肌にならないことが重要

またそれらの成分が破壊されることでお肌のバリア効果自体がなくなり、益々お肌はダメージに弱い状態となりシワができやすい上に様々な肌トラブルを起こす原因となってしまうのです。

紫外線とはお肌にできるシワに最も関係しており、シワの原因の9割近くは紫外線によるものが多い、といわれるほど紫外線=シワは深く関係するものです。

30歳を迎え、お肌のトラブルの対策をするならまず、紫外線の対策をはじめとしてお肌のダメージからお肌を守るケアを行っていくことが必要です。

『シワ』対策には紫外線対策を行い、外出の際の日焼け止め&帽子などは欠かさず使うようにしてください。

ちなみに首のシワが気になっているという方は、紫外線対策として帽子というものより日傘がしっかりと紫外線をカバーすることができるでしょう。

もちろん、普段からの化粧品選びも重要ですよ。



Page: 1 < 2 < 3  次の10件>>
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0