口コミでも人気の「しわ取り化粧品」をご紹介。おすすめシワ対策、アンチエイジングで人気の化粧品通販。

2011年4月

目元のシワの原因は?

目元のシワの原因は、いったい何でしょうか。

笑ったりすると目元がシワシワになってイヤ、と言う方も多いのでは無いでしょうか。

女性はお肌に関してお悩みの方が多いと思いますが、中でも目元に関する悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
更にシワやたるみ、黒ずみ、くすみ、クマ等も悩みの種。
お肌に関しては様々な悩みをお持ちのことと思いますが、一番その中でも年齢が出やすい場所がやはり目元。
シワもふえてまぶたもたるんできてしまうというお悩みの方は本当に多いと思います。

そんな目元のトラブルがなぜ起きてしまうかといえば、顔の中で一番目元の皮膚が薄く皮膚自体弱い場所ということが何よりの原因です。
だからこそ、他の場所より乾燥しやすくシワができやすい。
更に皮膚が弱いために刺激も受けやすく外部からの刺激をすぐに受けてしまいますから、結果目元にシワができてしまうのです。

目元は乾燥しやすい。しわ になりやすい場所

尚且つ乾燥しやすい部分だからこそ、シワになりやすい、そもそもお肌には皮膚自体が保湿成分を作り出す力を持っていますが、それも年齢と共に減少してしまいます。

そうなることで目元も乾燥し肌自体の保湿力も弱まってきますから、シワやたるみを起こしてしまうといえるのです。
更に目元は目を守る役目を果し、そのため1日に何度もまぶたを動かしている状態となりますからその動きによる表情筋からの影響を受けやすいということがいえ、益々シワを招いているということがいえるのです。

もちろん、それだけではなく普段しているメイクでも目元へのダメージとなりますし、メイクを落すための洗顔などもダメージ原因のひとつでメイクしたことによりこすってしまいがちですから、それが原因でシワになってしまうということも考えられます。

目元のシワはこれらの理由でまぶたへシワができてしまいますから、普段から一番弱い皮膚である目元部分のケアは入念にしてあげることが大切だと分かりますね。


ストレスがシワの原因

女性は様々なお肌のお悩みをお持ちの方がたくさんおられますが、一番多いお悩みとしてシワを改善したいというお悩みが多いです。
そんなシワの中でも一番気になるのが目元のシワで改善したいと一生懸命ケアされている女性もたくさんおられますね。

もちろん目元は顔の中で印象に残りやすい場所でその部分のシワが多ければ老けて見えてしまいます。
更には元気がなさそうという印象にとられがちですから、目元のシワは本当に改善したい部分です。
そんな目元のシワ予防にはいくつかの方法や対策がありますが、実は精神的ストレスもシワを引き起こすことはご存知でしょうか。

シワを引き起こす原因

人間はストレスをためることで疲れが生じますよね。
つまりそれが精神的な疲れだけでなく肌への影響も大きく、肌自体も精神と比例し疲れてしまうわけです。
そうなれば当然お肌も疲れてしまうわけですから、ダメージを受けている状態と同じです。
そしてそのダメージが原因でシワをつくりだしてしまうということも考えられます。

お肌のシワ、目元のシワが気になる方は、もちろん保湿や乾燥させないためのケアも必要ですが、精神的ストレスを溜め込まないように努力することもシワを予防、対策する方法なのです。

また睡眠不足もお肌にはダメージですから、睡眠不足やストレスをためこまいないように努力することでも目元のシワに効果があるといえるのです。

またお肌への水分も必要ですが、体への水分も十分とることが大切で、水分を取ることで血液循環も促進させることができますのでお肌の血行を促進させ、肌の老化を防ぐ効果もあります。

シワを改善させるには、まず生活を改善させてみることも大切でストレスのない生活をおくられるような工夫も重要といえるのです。


おでこのシワを薄くする方法

おでこのシワを薄くする方法について。

おでこをはじめとして女性はシワに関して悩まれている方は多いはず。
シワだけでなく、やはりたるみやシミも女性には悩みの種。

そんな中でもシワはシワがあることで年齢も老けて見えがちですから、やはりシワは早めに対策を取る必要がありますね。

紫外線の対策はもちろん、保湿対策、食生活、ストレスと様々な要因でシワはできてしまいますから、シワをできさせない、薄くするためには何より予防や対策が第一。

予防をして初めてシワが薄くなるというような効果が出てきたかもと感じられるようになりますから、シワの気になる方はまず対策をきちんとしてください。

悩みの種であるシワを消す秘策

そんな悩みの種であるシワを消す秘策としては、みなさんもよく食べている卵を使います。

卵の皮を使う方法で、卵の殻部分ではなく殻部分の内側についている薄い皮を使用しシワの気になるおでこ部分へ密着させてその皮が乾くまで数分放置。

これを毎日繰り返してみるとくっきりのシワが徐々に目立たなくなります。

全ての方に効果があるわけではもちろんないと思いますが、私には効果的な方法だったようです。

この方法で私自身、随分シワを薄くできましたから試してみる価値はあると思います。
ただし、シワも人により出方が違いますから、あまりに溝が深まってしまっているシワはやはり専門家に相談が必要かもしれませんね。

又卵の皮でケアした後は少し洗い流しいつものスキンケアをしてください。
シワは本当に気になりますし、年齢だって老けて見えがちですから、そうならないためにも普段からシワができない対策は心がけましょう。

又おでこのシワを改善させるためにも筋肉を鍛えるというものがありますが、既にシワがくっきりしてしまっている場合は、その行為でシワをよりハッキリさせてしまう場合もあるので注意が必要です。


おでこのシワをケアしましょう

シワは女性のお肌のお悩みの中で最も悩みの種でもありますが、みなさんはいかがでしょうか。
目元のシワ、ほうれい線、おでこのシワと顔には様々なシワができてしまいますが、このシワを改善させるのにはどうすればいいのか?

まずシワをできさせないためにも紫外線は十分に対策する必要があります。
更に間違ったスキンケアをしない。

例えばローション、乳液、美容液と今まで使っていたあなた、この順番ではせっかくの高価な美容液成分はお肌へ届いていませんからしっかり保湿されません。

しっかり保湿されないということは乾燥してしまい、結果シワを作る原因をつくってしまいますので、スキンケアの際にはローション、美容液、乳液の順番で使用してください。
更にお肌につけるだけでなく、体の中からもお肌にいい物を摂り入れる。
一般にお肌にダメージを受けるとお肌だけをケアして食生活にはあまり気を使いませんが、お肌を元気にさせるためには体内に良い成分を獲る事も重要です。

そんな色々な対策が考えられるシワですが、おでこのシワが気になる方は、まずスキンケア、食生活にも気を使っていただき、寝る前にマッサージをやってみましょう。

しわ対策のためのマッサージ

マッサージは指を使い行いますが、指2本を使いおでこの真ん中と両端にうまくいくように理想は、人差し指と中指を使うとやりやすいと思います。

その指でおでこの真ん中、両端を引き上げる動作をする。
更に引き上げたら今度は指でなぞるようにおでこの下から上へなぞります。
この動作をおよそ10回程度。

また次におでこを2本の指で真ん中に位置する部分にもっていき、こめかみ部分まで円を描くようにマッサージしていき、それを上下に行い往復およそ10回程度が理想です。

いずれもあまり力を入れすぎず、抜きすぎずという感じでマッサージしてみましょう。

また、日常使うスキンケアにも気を遣うことも大切ですね。
日々の積み重ねで、後々変わってきます。



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0