口コミでも人気の「しわ取り化粧品」をご紹介。おすすめシワ対策、アンチエイジングで人気の化粧品通販。

2009年8月

アンチエイジングに効果的な洗顔方法

洗顔はスキンケアにおいて、基本的な事ですよね。

だからと言って適当で良い訳ではありません。アンチエイジングの為にも洗顔は大切な事なのです。
これを機に自分の洗顔方法を見直してみてはいかがでしょうか。

アンチエイジングに効果的な洗顔方法

では、アンチエイジングに効果的な洗顔方法をご紹介致します。

まず、顔をきちんと洗えるように、髪が長い方はまとめておき、洗顔する前には手を洗って清潔な状態にしておきましょう。

手を清潔にする事により、泡立ちも良くなりますし、手についた菌を顔に移す心配もありませんね。

準備が終わったら、いよいよ洗顔料を顔にのせていきます。洗顔料をのせる前に、顔を少し湿った状態にしておく事が大切です。

あまりにも濡れすぎているとせっかくのせた洗顔料も落ちてしまいますので、注意しましょうね。また、お肌の負担を軽くする為にも濡らした方が良いようですよ。

洗顔で重要なのは泡

洗顔で重要なのは泡です。

なるべくキメが細かい泡を作る必要がありますので、手のひらで上手く泡立てる事が出来ない方は、泡立てネットなどを使用してみましょう。

泡立てずに洗顔をすると、顔に必要な皮脂まで取ってしまうことになります。
泡が十分に立ったら、顔の内側から外側に向かって優しく洗顔していきます。指で洗うのではなく、泡で顔を洗う事を意識してみて下さいね。

後はきちんと顔をすすぎ、清潔なタオルで優しく顔を押さえるように拭いていきます。これで洗顔は完了です。

アンチエイジングの為にも、正しい洗顔方法を取り入れてみて下さいね。


関連:
アンチエイジング化粧品 人気ランキング@口コミでも人気、おすすめエイジングケア


アンチエイジングの為の紫外線対策

私たちは、一年中外に出た時に紫外線を浴びています。

紫外線は目に見えるものではありませんから、あまり実感が無いかと思いますが、それは年齢を重ねるにつれ、シミといった形で現われてしまう事もあります。

それだけでなく、肌のハリや弾力に必要なコラーゲンをも壊してしまうのです。
そうなるとお肌の老化はますます進んでしまいますよね。

シミが現われないようにする為にも、若いからと言って安心せず、紫外線対策を行いましょう。

日焼けの仕方というのは一人ひとり異なります。日焼けの仕方によって紫外線対策も多少異なってくるのです。

実は紫外線に弱いタイプの人

色白で紫外線にあたっても赤くなるだけで黒くならない方酢所も居ますよね。

こういった方は黒くならないからと言って紫外線対策を行わない方も多いようですが、実はこのタイプは紫外線に弱い方なのです。

お肌が黒くならないのは、メラニンが生成されにくいという事ですが、これは紫外線が肌の奥深くまで入ってしまう事を指しています。
また、紫外線にあたり続けると皮膚がんになる可能性もありますから、外出する際にはきちんと日焼け止めを塗るようにしましょう。

紫外線によって肌が黒く日焼けしてしまう方の場合

また、紫外線によって肌が黒く日焼けしてしまう方の場合、紫外線によってメラニンが生成されやすいということになります。

メラニンが生成されると、そのうちくすみや黒ずみとなって現われる事もある為、SPFが高い日焼け止めを使用することをお勧め致します。

また、黒く日焼けする方は、皮膚が乾燥しやすく、硬くなりやすい為、正しいスキンケアを行うようにしましょう。乾燥によってシワが発生する事もありますよ。

自分はどのタイプに当てはまるのかを知った上で、正しいスキンケアを行ってみて下さいね。きっとアンチエイジング効果が生まれる事でしょう。


20代からのスキンケア方法

若いからといってスキンケアを怠っていると何年後かにシワやシミが出てきて、後悔する事も少なくないようです。

後々シワやシミに悩まされないためにも20代からコツコツとスキンケアをして損はありません。20代から出来る簡単なスキンケア方法をご紹介致しましょう。

シワ予防のために、クレンジングをしっかりと

まず、クレンジングですが、クレンジングをする時にメイクをきちんと落とさないといけないからと言って手のひらや指を使って擦り過ぎない事が大切です。

オイルクレンジングの場合は特にお肌に大切なセラミドも一緒に落としてしまう事もあります。ですから、ポイントメイク部分だけに使用するようにしましょう。

メイクとオイルを馴染ませて落とす事を意識しながら優しく洗って下さいね。クレンジングの所要時間としては1分を目安としましょう。あまり長すぎるとお肌を傷つけてしまう可能性がありますよ。

クレンジング、洗顔が終わったら次は化粧水です。洗顔をした後はお肌の水分が失われやすくなっています。

関連:保湿化粧水ランキング

なるべく早く付けるようにしましょう。手を清潔な状態にし、化粧水を手のひらに少し馴染ませたら、手のひら同士で化粧水を温めましょう。

次に、肌に優しく押し当てるように顔全体に付けていきます。
コットンを使用する方も多いかと思いますが、摩擦が起きてしまいますので手のひらの方がお勧めですよ。

冬は特にお肌が乾燥する季節ですので、乾燥肌の方は2~3回程重ねて付けましょう。

最後に乳液も化粧水と同じく、一度手のひらで温めてから顔に優しくのせていきましょうね。こういった点に気を付けながら、20代でもスキンケアを行ってみて下さい。


[link]ブルーベリーサプリメント 口コミ ブライダルエステ・ランキング



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0