口コミでも人気の「しわ取り化粧品」をご紹介。おすすめシワ対策、アンチエイジングで人気の化粧品通販。

2009年7月

メイクで口元のシワを消す方法

顔の中でも口元は年齢が現われやすい部分ですよね。
だから、口元のシワ、すごく気になりますよね?

特にほうれい線が出来てしまうと、非常に老けた印象を与えてしまう事もあります。

ほうれい線は簡単に消す事が出来ませんから、諦めてしまう方も多いかと思いますが、メイクで口元のほうれい線を目立たなくすることも出来ます。簡単なシワを消す方法をご紹介致しましょう。

メイクでシワを隠す方法

コンシーラーは、顔のシミなどを消す事が出来る便利なアイテムです。
このコンシーラーを使って、シワを消してみましょう。

まず、ほうれい線の内側というのは、頬のたるみによって陰となる場所があります。この頬のたるみは老けてみられてしまいますので、コンシーラーを陰となる部分に付け、薬指で叩きながら皮膚に馴染ませていきます。

この時のコンシーラーは明るめのオレンジや黄色が良いでしょう。

次に、ほうれい線の上にもコンシーラーをのせていきます。

自分の肌の色と近いものか、少し明るめの色のコンシーラーを使います。ほうれい線をなぞるように上からコンシーラーをのせていきます。
のせたら後は薬指を使って、先ほどと同じく、軽く叩きながら肌に馴染ませていきましょう。

たったこれだけで、ほうれい線は目立ちにくくなりますよ。こういったメイクをするだけで、口元が5歳ほどは若返るのではないでしょうか。

但し、ほうれい線が気になるからと言って、何度も重ね付けするとかえって目立ってしまう事もありますので注意しましょう。
あくまで自然に見えるようにしましょうね。

法令線があるのと無いのでは印象が全く変わってきますよね。自分に合ったコンシーラーを見つけてみて下さいね。

また、コロコロローラーなどでマッサージをしても、肌のハリが変わってくるようです。
手軽なので、良いかもしれませんね。

⇒ ヤーマンのコロコロエステ通販したよ。感想、口コミ、効果は?


たった30秒!シワ予防のアンチエイジングトレーニング

皆さんは1日にどの程度笑顔になるでしょうか。

現代人は笑う事が少なくなったと言われている為、シワが現われやすくなったということです。
シワを予防する為には、笑顔になる事が大切なのです。

最近思いっきり笑っていないと感じた方は、1日たった30秒で出来るアンチエイジング顔トレーニングを行ってみてはいかがでしょうか。

顔トレーニングでアンチエイジング

顔トレーニングを行う場合、自分の前に鏡を置いて、自分の表情を確認出来るようにした方が効果的です。

最初に、口を閉じた状態で、口角だけ上に上げる事を意識してみて下さい。出来れば目を大きく見開いた状態にしましょう。視線は上に向けた状態にすると更に効果的ですよ。この状態を10秒間保ちます。

次に、出来るだけ頬に空気を入れて怒った顔にしてみましょう。なるべく鼻に近い所を膨らますように意識してみて下さい。

ほうれい線が出来ない事を目的としていますので、なるべくほうれい線に近い部分を膨らませて下さいね。10秒間このままの状態にしましょう。

最後に「お」という発音をするように、口を縦に思いきり開きます。唇は口の中に入れる事を意識したまま、左右に口を動かします。

左右各5秒行ったら顔トレーニングは完了です。

最初と最後にゆっくりと「あいうえお」と発音するように口を大きく動かしてみて下さい。

思いっきり顔の筋肉を使う事が、シワ予防に繋がるのです。たった30秒で簡単に出来る顔トレーニングですので、ちょっとした時に行ってみて下さい。
シワ予防の為には、毎日続ける事が大切ですよ。


[link]青汁 比較ランキング 食材宅配サービス比較


シワに効果的なクリーム使用方法

皆さんは、化粧水、乳液を付けた後、クリームを使っているでしょうか。

ニキビ肌の方は、クリームを塗ると余計にニキビが悪化してしまうような気がしてしまう事もありますよね。
しかし、ニキビ肌の方にもクリームは効果的ですし、シワ予防にも繋がるのです。

なぜなら、お肌に必要な水分を保つ役割を果たしてくれるからです。

せっかく化粧水や乳液で水分を補給したのであれば、きちんと守らなければいけませんよね。クリームにも効果的な使い方がありますので、シワに効果的な使用方法をご紹介致します。

シワに効果的なクリームの使用方法

クリームを手のひらにとったら、手のひら全体にクリームを伸ばしていきます。

次に、手のひら全体で顔を優しく包み込むようにのせ、クリームを顔全体に馴染ませていきましょう。
顔にクリームをのせたら、円を描くようにして、下から上へお肌を持ち上げるように軽くマッサージしていきます。

いくらマッサージだからと言って力を入れ過ぎないようにしましょうね。

十分にクリームが馴染んだら、手のひら全体でもう1度顔を包み込みます。軽く押さえて下さいね。これでクリームは完了です。
手にクリームが残ったら、シワが出来やすい首などに塗ると良いでしょう。

口元は特に乾燥しやすい部分

口元は特に乾燥しやすい部分ですので、重ねづけした方が良いでしょう。

また、クリームがもったいないので少量にしたいという方は、頬、おでこ、鼻、あごに少しずつクリームをのせて、薄く伸ばしていきましょう。

あまりにも少量過ぎると摩擦によってお肌を傷つけてしまう事もありますので、それぞれパール1個分程度は使って下さいね。

こういった点に気を付けながら、シワに効果的なクリームを使用してみて下さい。


[link]食材宅配 比較 シミ取り化粧品


シワの原因と対策

シワは老化現象の1つですから、なんとかしてシワを予防したいものですよね。

その為には、シワの原因を知る必要があると言えます。シワはなぜ出来てしまうのでしょうか?

シワの原因は一つではない

シワの原因は1つとは限りません

シワの原因は皮膚が老化しているという事になりますが、皮膚の老化はお肌に存在しているエラスチンやコラーゲンが減少する事が原因なのです。

では、なぜこれらが減少してしまうのかというと、加齢はもちろんですが、紫外線を浴びる事によって減少してしまうという理由もあります。

また、小ジワは乾燥が原因となる事もあります。
長時間お肌が乾燥した状態の場合、角質層が水分不足となってしまい、表面が乾いてしまいます。

そうなると、いずれ皮膚の表面がはがれてしまい、隙間が出来るのです。隙間が出来ると、お肌に大切な水分が逃げてしまう為、ますます乾燥し、皮膚が薄くなってしまうのですね。

そのうち皮膚が硬くなると、小ジワとなるのです。では、なぜお肌が乾燥してしまうのかというと、保湿効果のあるアミノ酸、そして角質細胞を繋ぐ役割を果たしている細胞間脂質が加齢によって減少するからなのです。

その他のシワの原因

この他にも、喫煙、ストレスなどが原因となり発生する活性酸素、女性ホルモンの減少や真皮層及び角質の弾力が低下する事などもシワの原因となります。

原因が分かったら次は対策ですよね。

シワ対策としては、まず、お肌が乾燥しない為に、保湿力の高いスキンケア用品を使用し、正しい方法で毎日スキンケアを行うという事が大切です。

また、酸化防止成分が配合されているスキンケア用品を使用することは、活性酸素の発生予防に繋がります。ストレスをなるべく溜めこまず、こまめに発散することも活性酸素の予防に繋がります。

シワが出来てから消すのはなかなか困難な為、シワが出来る前に、正しい予防を行ってみて下さいね。


[link]美白化粧品 大人ニキビ化粧品



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0